01

浄楽寺 山際勝三郎記念碑

業務形態
設計・監理
用途
記念碑
建設地
長野県
ウサギの耳にコールタールを繰り返し塗ることで世界初の人工癌の発生に成功した山際勝三郎博士の記念碑です。
博士の不屈の精神を鍛鉄のgnomon(グノモン) で、研究に使用した光学レンズをガラスの塊で表現し、千曲川の玉石の上に配しています。
            鍛鉄 加成幸男
            ガラス 三保谷硝子